透析について

人工透析のご案内

最新鋭の透析施設と医療で一人一人に合ったサポートに努めます。
同時透析42床(HD42、HDF4)の充実した最新鋭の設備と良質な医療サービスで患者様のより良い生活のためのバックアップに努めます。
テレビは寝たままでも見やすいアーム式液晶テレビを備え付けております。
また準個室透析も設置しており患者様一人一人にお応えできる治療を心掛けて参ります。

治療方針

人工透析に欠かせないもの…

  • 1. 透析患者さんと医療スタッフとの絆に成り立つ真心をこめた医療の提供
  • 2. 医療事故・感染対策などを怠らない環境・医療スタッフの手技の管理
  • 3. 透析開始から終了までに苦痛にならないシャント穿刺の工夫
  • 4. 生命予後に重要な水質向上を極め続けた透析液の管理と提供

透析患者さんにとって少しでも快適な医療を目指しています。

透析室の設備案内

リクライニングチェアはベッド幅の広い物を採用し、医療用ベッドと同様に水平にもなります。
血圧低下時には頭部は水平より下降し、下肢は水平より上昇するしくみとなっています。
医療用ベッドでは不可能な足を下げれるチェアの特性の利点として、下肢の循環状態が悪い患者さんにはこのチェアベッドが有効というデータも近年透析学会などで報告が挙げられています。
介護が必要・風邪などで状態が悪い患者さんには医療用ベッドでの治療も行います。
興味がある患者さん・医療スタッフは気軽に見学にきて実感して下さい。

食事の案内(4F厨房で現場調理しています!)

柏友千代田クリニックでは透析食を4F厨房で調理して管理・提供しています。
患者様には少しでも飽きが来ないように院内にある厨房で管理栄養士・調理師がアイデアを出しながら、しっかりと食べて安心して食事管理を行えるように工夫しています。

透析液清浄化への取り組み

当クリニックでは、透析を受ける患者さんにとって重要な要素である透析液の水質向上に力を入れており、超純水透析液の水質基準を満たしています。

※ダイアライザーとは血液の老廃物を除去する透析器具です。

5. 医療機器メーカー認可のETRF設置と定期交換の実施

患者さんに透析液が触れる直前にはETRF(エンドトキシン捕捉フィルター:Endotoxin Retentive Filte)を設置しています。ETRFの管理はメーカー基準に則り、交換を行う際もエンドトキシンや細菌が配管内部に入りにくいように丁寧かつ清潔に交換を行っています。

6. 定期的なエンドトキシン測定・細菌培養の実施
透析液の水質基準をクリアーするためには、定期的なエンドトキシン測定・ 細菌培養を行うことが義務付けられています。当院は、厳しい管理のもと透析液水質基準を満たしています。さらに、透析学会などで議論された新技術や水質調査方法も出来る限り検討し、アイデアを出し合いながら透析液清浄化の発展に貢献できるように取り組んでいます。

よくあるお問い合わせ

HDFは最も優れた治療ですか?

決してそうではありません。貧血関連や低分子蛋白領域などの血液検査データや透析困難症の状態を参考に、一般的な血液透析が良いかHDFが良いかを選択しています。
ダイアライザーの発展により、HDFを行わなくても人体に優しくしっかりと老廃物を除去する血液透析も存在します。その患者さんに一番適切な治療法を選択できればと思います。

施設を見学することは可能ですか?

患者さんの希望があればいつでも対応させて頂きます。
御家族と一緒に来院して頂いても問題ありません。
少しでも不安なことがあれば何でも気軽に医師・看護師・臨床工学技士に聞いてください。

送迎は可能ですか?

お身体の不自由な方や車椅子をご使用の方など、通院が困難な患者さまを対象に、送迎サービスを行っております。
ご希望の方は必ず予めお問い合わせください。

ご予約やお問い合わせに関しましてはこちらからご確認ください。
送迎情報

送迎情報

外来透析患者無料送迎サービス
車いすの方も安心のリフト付車両で送迎いたします。

詳しくはこちら

pagetop

柏友千代田クリニック

医療法人 柏友会 柏友千代田クリニック
大阪府河内長野市木戸西町2丁目1番25号
電話:0721-55-0515